ヴィンテージ家具の通販【Helvetica】

時を経ても大切にできる作品をあなたに。

【倉俣史朗とエットレ・ソットサス展】 夢見る人が、夢見たデザイン

702 views
【倉俣史朗とエットレ・ソットサス展】 夢見る人が、夢見たデザイン

デザインプロダクト好きは、物を買い集めるタイプと資料を買い集めるタイプの2種類に分かれると聞きます。
僕はどちらかと言えば、前者です、資料も買うには買うのですが、その本を買う手持ちがあるなら、気に入ったプロダクトを求める方が良いなと考えてしまうのです。
理由はというと、プロダクトを手放す際に多少なりともお金になり得る点や、日々の暮らしの中でも利用できた方が嬉しいから、そんなところです。

そんな今回のブログ記事は、テストを兼ねてのアップです。

ブログの題目からも分かる通り、僕の好きなデザイナーの本をご紹介していきます。

ファンならこちらの表紙をみると、すぐに分かりますよね!
2011年に、21_21 DESIGN SIGHTにて開催されました、【倉俣史朗とエットレ・ソットサス展】の図録です。
あの展覧会から5年も経つんですね、21_21に展示された倉俣史朗さんの仕事があまりにも美しく。また懐かしく振り返るこの頃です。
この図録の仕上がりが兎に角美しいので、オススメしたいです。


KURAMATA SHIRO and ETTORE SOTTSASS 倉俣史朗とエットレ・ソットサス

倉俣史朗さんに関する書籍は様々ありますが、有名なところでは原美術館で開催された回顧展の図録でしょうか。
この図録はファンならずとも1度は目にしてほしいです。

話を戻すと21_21で開催された同時期に発売されました、『倉俣史朗読本―21_21DESIGN SIGHT企画展「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」レクチャー集 』も合わせてオススメします。とても厚みのある1冊ですが、発見も多いので是非ともご一読ください。「夢見る人が、夢見たデザイン」ワクワクしながらページが進んでいき、時めきが沢山感じられると思います。

日本人が先ず愛するべき、インテリアデザイナーとして倉俣史朗さんの仕事があると思います。

この春、桜の季節も過ぎようとしいますが、今一度新しい気持ちになれる本のご紹介となりました。

皆様にとっても、春の日差しのように『優しく強く』そんなことを願っています。

継続的に発信をがんばります!


倉俣史朗読本―21_21DESIGN SIGHT企画展「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」レクチャー集