ヴィンテージ家具の通販【Helvetica】

時を経ても大切にできる作品をあなたに。

住まいの窓枠から眺める景色に人工物は不要なんだなぁ。

416 views
住まいの窓枠から眺める景色に人工物は不要なんだなぁ。

窓枠から眺める景色には、人工物が一切見えない方がいい。海なら杉本博司の「海景」シリーズがいいし、山ならグランマ・モーゼスの描く自然がいい。

音楽は小林径か今ならタンゴの楽団(いまひとつ知らないが)を流してたい。

シェフは東京から呼ぶことを決めて居て、お酒もヴィンテージでラインナップしたい。蒐集する事とはテーマ範囲とか、やはりモノとモノのリズムでもあるんだと思います。蒐集する作業を球団のチーム編成と比喩する方も多くいます。会いたい人には会いに行くし、お招きもしたい。

設えは倉俣史朗さん家具とポール・ケアホルムさんの家具を中心に透明感を出したいです、この感覚で揃えられたら学芸員もコレクターも文句はあるまい。少々面白みに書けるかもしれませんが、透明感が出るとよいと考えています。

インテリアも洋服のコーディネートも一緒で、大切なことは、時代の相性と「それぞれの組合せ」それが全てなんだと考えています。音色って表現しましょうか。

将来のことを考えてると時間のことを忘れてしまいますが、区切りの10年目だから真剣に考えたいです。

流す音楽、器にのって運ばれてくる膳のコーディネートから全体のことを想像してみたい。テンションの上がらないことに時間は割きたくないです、FBに書く文章は自由にしながら、それ以外は、よそ行きを決めてしっかり綴りたいものです。それが僕の残りの30代になりそうです。

色々とお願いしたいこと、これまでに知り合った方と、ときには協力しながら思い描いてる未来を投影したいです。

ことしはトキオクマガイの靴を眺めに旅行したいなぁ。

やっぱりしたいことが多いです。笑