ヴィンテージ家具の通販【Helvetica】

時を経ても大切にできる作品をあなたに。

デンマークのオークションハウス「BRUUN-RASMUSSEN」から、ポール・ケアホルムPK55のテーブルを買う。

228 views
デンマークのオークションハウス「BRUUN-RASMUSSEN」から、ポール・ケアホルムPK55のテーブルを買う。

将来的にリビングのテーブルは、ポール・ケアホルムのデザインしたPK53かPK55を愛用したいと考えました。
これまでは10代の頃に購入したイームズのコントラクトテーブルにはじまり、30歳の記念に買った倉俣史朗さんの丸いテーブル、イサム・ノグチさんのフィンテーブルを使用してきたのですが、椅子を引き立てるならどのテーブルにするべきかここ数年考えていた結果、ケアホルムのPKテーブルを探すことに決めました。英国のアンティークテーブルも考えてみたのですが、見た目の重さを理由に今回は断念しました。数年だけ組み合わせるならOKなのでしょうが、この先も大切に使用していきたかったのです。探している途中に倉俣史朗さんのヤマギワのテーブルの話もあったのですが、やっぱり洗練されたものがいいなぁと考えたものですから物欲に耐えました、自分を褒めたいです。(苦笑)手に入れていたなら金銭的な価値だけいうと大きかったんでしょうが、大切なことはそれではありませんから。

日本国内には北欧家具を取扱うお店も多数あるので、数年前から見つけてくれそうなお店の店主さんに頼んで来ました。しかしコトは運ばずそこで、あえて控えていたデンマークのオークションハウスのラスムッセンに参加して買おうと考えた次第です。アメリカのWRIGHT20では経験があるので、流れについては同様でしたが、今回は時間が掛ってもよいので、はじめての船便のコンテナの混載便での手配を試みました。

10年前にこの作業ができるディーラーを羨望の眼差しでみて居たのが懐かしいですが、気づけば自分でも出来るようになっていました。考えていることや想いは必ずカタチになると信じています。

オークションでの購入の流れについてはCasa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2007年 12月号記載されています。興味が湧いた方はぜひ確認されてみると良いと思います。

そして、先日通関とX線検査も済ませたので、晴れて僕の手元にやって来ました。ただスペース的に今は使用が出来ない為に分解して倉庫にしまっています。中々想い通りにならないところもありますが、一先ず結果オーライってところです。(笑)

海外から輸入することは仕事柄随分と昔からしているのですが、今回は立派な木枠の梱包で到着し、中身の倍以上ある、とても重くて大変立派なもので届きました。箱から取り出すのに一苦労といったところで、無我夢中になりお見せできる写真は残っていないという、いやはや申し訳ない状況です。

ほしい!見てみたい!触れてみたい!の欲求は、自分の足で稼ぐ。身銭を切る。それらが全ての近道なんだと、今回のことでも学んだ次第です。

部屋で使用したい家具は揃ってきたところなので、今年は最新のB&Oのオーディオを求めればモノ集めもひと段落のフィニッシュと言ったところです。

オークションで買った方が、お墨付きになる証明書も手にする事ができるので、次の所有者の方へ販売する際や手放す際に便利だと思います。オークションハウス時に出品する際は高価で珍しいものほど、出どころは必ず聞かれます。なので高価なものほどオークションハウスで購入した方がいいかなぁと思います。