ヴィンテージ家具の通販【Helvetica】

時を経ても大切にできる作品をあなたに。

もうすぐ、春ですねぇ。僕の家具選びに対する考え方を徒然なるままに、、

46 views
もうすぐ、春ですねぇ。僕の家具選びに対する考え方を徒然なるままに、、

もうすぐ、春ですね!桜の季節に新生活をスタートされる方も多くいると思います。
ぼくも20年前は、そうでした。はじめてのイームズのシェルチェアを買ったのも、ちょうどその頃です。
10数年使ったその椅子とヤコブセンのアント椅子も手放して、早数年が経ち、やっぱりイームズの椅子がほしいなぁと思うこの頃です、使ってると飽きるし、座りやすいとも思わないのですが、ふとした瞬間に「やっぱり、このイスは美しいなぁ」「買って正解だった」なんて、感じていたので、うーん、タイミング的には今ではないけど、いつかは手に入れたいです。
実用性を考えて、アームなしのロッキングチェアあたりが気分かな。
ダイニングはトーネットのNo.16を4脚。お金に余裕があれば、ジオ・ポンティのスーパーレジェーラを4脚。
テーブルは、そうだなぁ、四角くて長方形のもの。脚はスチール素材がいいなぁ。そんな風に考え始めると、頭も浮かれはじめる、よい季節も、もうすぐです。装いも新たに気分も爽やかに、色々と新しく始めてみたいです、自分の気持ちを記す為にもブログは継続していきます。
そうそう、始めに買ったシェルチェアは事務用に求めたので、コロコロ付き(キャスター)でした。たしか5〜6万円位で手に入れ、手放した際は3〜4万円だったかなぁ。十分使ったし大切にしてくれるなら、って気持ちでお安く譲りました。
新生活を予定されてる方も、家具選びは長いスタンスで考えると、衣替えや気分変えのタイミングで売却もできると考えますので、そんな視点も取り入れられてみてください。
そして今日の福岡は例年になく、積雪です。まだまだ寒いなぁ。また次回!