ヴィンテージ家具の通販【Helvetica】

時を経ても大切にできる作品をあなたに。

家具マニアでもないのですが、好きが高じてなんとやら。

78 views

先日フォルクスワーゲンが、2019年をもってBeetle(ビートル)の生産終了を発表しました。感慨深いものがあります。
自動車には夢があると思っているだけに、寂しい気持ちもありますが、時代なのでしょう。

そうそう、改めて、物欲湧かない状態の、特に家具が顕著に現れているのですが、wright20含めて海外のオークションハウスのリザルトだけはマメにチェックをするようにしています。いいなぁ、気になるなぁ。そんな作品が多々ありますから。
どの作品に新しい価値づけをしたいのか、そんな視点で眺めていると興味深いですね。

僕自身はコレクターでもマニアでもなく、単に好きが高じて、今に至るというところなので、「結構マニアだよ。」なんて言われると、そうなのかぁ。ファッションと同様にお洒落する感覚と同じなんだけどなぁと考えたりしています。
まぁ20年くらい追っかけていたら、今新しいものが何なのか。感覚的に気づくことも多々あるのは、自分でも分かります。

最新の家電を確認しに、家電店へ足を運びますし、ちょっとした日用品の道具からも、新しいなぁって感じることがあります。
最近では福砂屋のカステラに付いて来る、折りたたみの使い捨てフォークに感動しました。

しばらく眺めながら、観察して、ゴミはゴミ箱へ。笑
収集癖は基本的にありませんから、そんな調子です。

愛用の家具類も、蒐集はしているにせよ、次の方へバトンする気持ちもありますから、問合せが来たら、ちゃんと返事はするようにしています。失礼な方は除外ですがねー。

インスタグラム経由では、定期的に問合せも受けますし、感覚だけはいつでも、新しい気持ちでいたいものです。

ケアホルムがデザインした、PK101キャンドルホルダーは欲しいですね。愛でたい。相変わらず目出度いです、じぶん。