ヴィンテージ家具の通販【Helvetica】

建築家・柿沼守利氏設計の「香住ヶ丘の舎」を訪ねて

3164 views
建築家・柿沼守利氏設計の「香住ヶ丘の舎」を訪ねて

先日、建築家・柿沼守利氏が設計した「香住ヶ丘の舎」で、モダン家具が好きな皆様とお食事をご一緒する機会がありました。永井敬二さんも同席くださいました。すごいでしょ。

香住ヶ丘の舎の主人、加藤さんが話されていた中で印象的だったことは、「家具は気に入ったものを少しづつ集めるといいよ。」という言葉です。

お気に入りの椅子や家具を一斉にそろえるには、多額の予算も必要。ヴィンテージアイテムになれば、そもそも蒐集することは難しいことだろうと私は解釈しています。

デザインマニアは、お気に入りの作品を数年かけて探される方も珍しいことではありません。加藤さんの言葉に重みを感じるのは、室内に揃えられた名品の数々。残念ながらそれらの写真は撮影していませんので、シェアすることも叶いませんが、一見の価値がある空間です。機会があればぜひ訪ねられることをお勧めいたします。

「香住ヶ丘の舎」は雑誌でも度々登場する名建築。そこから眺める景色も魅力的です。

あれだけの物量を圧迫感もなく配置・調和させている姿を拝見すると、単純な私は感化されます。

また、きょうから検索と人との出会いが増えそうです。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Feedly
Send to LINE
090-9569-0744