ヴィンテージ家具の通販【Helvetica】

時を経ても大切にできる作品をあなたに。

「椅子選び」は、空間作りの第一歩!

89 views
「椅子選び」は、空間作りの第一歩!

間取り図を眺めながら、考えています。そんな設定です。

「この空間を、どのような場所にしたいですか?」そんな問いかけをされている気分でしょうか。

家族で過ごすダイニングの内装を考えているとしたら、どのような椅子を選択するでしょうか、
そうですね、ゆらゆら揺れるロッキングチェアは考えないでしょう。
いえいえ、中にはゆらゆらしながら食事をしたいと、譲らない方も居るかもしれません。苦笑
リビングで過ごすのに、ハイスツールを真剣に考える方も多くはいないと思います。
いやはや、リビングルームにはハイスツールでしょう。座ると気分が和むんだ。中には居るかもしれません。苦笑

「椅子選び」は、資産形成のひとつだ!とか、使って楽しめる彫刻だ!とか、そんな気ままなことを言い始めると、
独り身でもない限り、煙たがられます。環境悪化は免れません。
椅子の収集家ともなると、そんな言い訳を繰り返しながら探しては買い、売らずにまた買う。僕の周りにも1人で数百脚所有されて居る方を数名知っています。笑

今回は一般的な話を記載させてください。

空間づくりに於いての椅子選びは、その場所でどのように過ごしたいかを考えた上で、とても大切な要素になると思います。
これは僕の周りの大変著名な建築家、インテリアデザイナーも同様に話していましたので、今回のブログで記したいと思います。

1.食卓での椅子選び

やっぱり、ダイニングチェアになると考えます。建築家のモデルルームを拝見すると、ハンス・J・ウェグナーのデザインした「Yチェア」を置かれてケースを多々見受けますが、アームがあると座ったり立ち上がったりする際に、少々不便です。

ダイニングに使うチェアなら、数時間でも語れるし、数分で答えをポン!って言えるのですが、今の時代も、アルネ・ヤコブセンがデザインした、アントチェアかセブンチェア。この辺りで決めて間違いないと思います。
空間を邪魔しない意匠ですし、なによりモダンです。座が硬いと感じる方は、クッションを敷いてみてはいかがでしょうか?わたしも10年くらいアント椅子で食事をしていましたし、ここ10年で7脚位を買ったり売ったりを繰り返しています。
販売員としては、とても少ない数ですが、身銭を切って使用してきたので、自信があります。笑

この椅子の便利な点は、スタッキング(重ねられる)が可能なことです。掃除のときなど、とても便利です。
来客が多い住まいでしたら、通常は重ねて仕舞っていてもいいかもしれません。

※年代によって座面と脚が外れやすいですので、中古でお探しの際はご注意ください。
修理をすることも可能ですが、折角探されるなら色々と調べられた上で探すといいと思います。
年代の特定については、記載するとよくないと思いますので、ここでは控えます。

お金に余裕がある方なら、ジオ・ポンティのデザインした、スーパーレジェーラなどもお勧めです。

名前の由来にもなった軽さは、日常使用する上でも大変に重要なポイントです。

2.椅子の次はテーブル選び

そう、椅子が決まると質全的にテーブルを探したくなります、丸にするのか四角にするのか。対面との距離や高さも重要ですね。

このブログでお知らせしたいことは、椅子が決まれば、テーブル→照明→器に至るまで、自然な流れで順々に決まるということです。ですので、どのような空間にしたいのか、その問いかけに丁寧に答えていくことで、あなたらしい整った部屋になると思います。

「アクタス福岡のセミナーで聞いたこと」

椅子選びは、正面から眺めて決める方が非常に多いですが、ダイニングに配置する場合、当然座ってない時間の方が長くなります、検討される際は「椅子の後ろ姿」も忘れずに確認ください。私も聞いて、確かにそうだな、と思いました。

個人的に好きなサイズを記載します。
椅子のシートハイ(座面高)は、41cm
テーブルの高さは、66.5cm

「低いなぁ。ちょっと購入を考えていいですか。」そんな言葉を何度か受けたこともあります。
結局、購入いただいたのですが、思っていた以上に使い安くて、買って正解でした。その言葉には嬉しかったものです。

勿論、人それぞれ身長も腕の長さも違えば、居心地のよいサイズは異なるのは当然のことです。
購入の際は、実際の店舗などで高さの確認をされた上で、決められることをお勧めしたいです。

あなたらしいお気に入りの1脚が見つかることを願っています。

最後に、お気に入りに出会ったら、サイズも色もデザインも、デザイナーも関係ない。
単純に予算の話になるかもしれません。もしかすると、ご自宅のスペースの問題かもしれません。

お気に入りの一脚が生活にあることは、とても幸せなことだと思います。
ちゃぶ台を返すような言い方になるかもしれませんが、「いいなぁ」と思えるものに出会ってしまったら、ぜひとも購入されることをお勧めします。
ものも大切にされて幸せだと思いますし、大事に扱うことは、これからの時代にも特に必要なことだと感じているからです。