ヴィンテージ家具の通販【Helvetica】

時を経ても大切にできる作品をあなたに。

【中古品】イームズのロッキングチェアを買いました。

160 views

初めて買ったイームズの話

18歳のとき、初めて上京したときに、青山の根津美術館交差点近くのビルの3階にあった家具店「オーパーツショップ」で、キャスター付きの黄色のシェルチェアを買いました。
外階段で上っていく店内、2階にあった雑貨店の記憶など、たまに当時を懐かしく振り返るものです。

その椅子は、店員さんの事務椅子として使用されていたもので、「どうしても欲しかった」私は、お願いをして買いました。青山にあった、こどもの城のATMへ行き、支払いに戻った記憶が蘇ります。
当時の買い物は、取り置き→ATM→支払い。結構手間を掛けていたものです。苦笑
90年代の空気感は、今でも懐かしく想います。

1Rでもお洒落な暮らしに憧れ、それにはイームズをどうしても手に入れたかった。
この椅子を手に入れたかったのは、それが理由です。
招く友人にも、自慢をしてたと思います。笑

その椅子は10年間程愛用していたと思います。黄色の美しいシェルでした。ヴィンテージ品で買ったものですが、手放す頃には、ファイバーグラスの繊維も少し出てきて、エッジは少しだけチクチクしてました。
何度も手放そうと考えた椅子ですが、その度に愛着を感じる瞬間があるというか、その繰り返しだったように思います。結局ヤフオクで売り、買った値段の半分くらいは手元に戻ってきました。それが初めて手に入れたイームズの話です。

座り心地はどうだったのか?

座り心地を言うと、これはあくまで私の感覚ですが、長時間腰掛けるには腰が痛くて座れません。座面の形状の問題だと思いますが、大柄な欧米人ならジャストフィットすると思いますが、小柄な日本人には少々辛い面もあります。

「いま」どうしてロックングチェアを買ったの!?

椅子を好きになった頃から、イームズのアーム付きのロックングチェアに憧れがありました。
ただ、生活する上で実用性を第一に考える身としては、どうしても購入の優先順位はいつも下位になります。そして、焦らずともシェルチェアはいつでも手に入るという安心感もあります。
近年は価格の上昇と年々状態のよいシェルも少なくなってきているので、それは気がかりではありました。

買いたいなら、早く買った方が長く愛用できるし、「購入価格÷愛用年数」で考えると、結果的に安くつくと考えると、思い切って購入しようと思いました。

25年振りの想いが実った椅子を手にして

イームズのロッキングチェアは素晴らしいです。楽しい。この言葉に尽きます。
読書をする際は、最高のひとことです。
こんなに便利で気持ちのよい椅子を、どうして早くに手にしなかったのか悔やむ程です。
歳を重ねるにつれて、家具にもある程度の軽さが必要だと考えているのですが、この椅子は軽く、見た目の可愛さに加え、中古だと手頃に入手可能な点も、お勧めします。

購入前はアームなし派だったのですが、読書をするとなると、断然アーム付きを提案します。快適!快適!

これまで100脚近くの椅子を身銭を切って購入してきました、どれも直感で選んできた大切な椅子です。今回、初めてロッキングチェアを求めて、これまでにない「楽しさ、快適さ」を覚え、記事にしているところです。

2019年現時点では、イームズとポールケアホルムの家具が大好きです。量産プロダクトの魅力、異素材を組み合わせたシャープなモダンのアイテムは、これから先も魅了されそうです。